プライド

それはあり過ぎても 人とうまくいかない

なければ自分を認められない

ちょうどいい加減で 自分にあれば一番いい

人はみんなプライドをもって生きている

プライドって何だろう

それは君が生まれてから 少しずつ少しずつ 身につけたもの

自分の中に大切にしまっておくもの

人にみせつけたりは決してしない 自分を大切に出来る心

ピュア

若い君たちの心は ゴムボールのようにやわらかく スポンジのように吸収力がよく

ときにはガラス細工のように繊細だね

年を重ね たくさんの経験をして その心が超合金のよろいをまとっても

心の根っこは ピュアなままでいてほしい

じっと耐える

冬のある日に ふと木々たちに目をやると 新しい芽が寒さに耐えて

枝にぎゅっとしがみついている しっかり冬の間に春への準備をしているんだね

今の君は 思うようにいかなくても 苦しい日が続いても 泣いてばかりいても

今は君の未来のための準備期間 じっと耐えてみよう

そして次の春には きれいな花を咲かせよう

変えてみるのもいいかも

最近どうも同じことのくりかえし

ちょっと つまらなく 思っています

若い君はどうですか?

きっと毎日が変化にとんで 生き生きとしていることでしょう

同じことのくりかえしの中に 日々ちがったものがある 若いってことはすばらしい

私はもう昔のこと でも最近同じパターンを ちょっと変えてみるのもいいかも

と思っています またそこから 生き生きとした自分を 見いだせるかもね

しかし 自分の中のすじの通った芯は 変えてはなりません 忘れないでね

うらやましがらない

自分が落ちこんでる時って 人がよく見えたり 大きく見えたりして

ますます気持ちが めいってしまうね

何をしてもうまくいかない時ほど 欲しいものを手に入れて 何事も順調な人を

うらやましいと思うよね 人は人 自分は自分だよ

どんなにうまくいってる人も もしかして さびしい思いをしているかも

人をうらやましがらずに 自分の道を ひたすら走ってほしい

雨の日は傘をさし 暗くてこわい道は 心に灯りをともそう

大人とは

今年成人した人 おめでとうございます

式典に出た人も出なかった人も この機会に考えてみよう

君にとって 大人とはどういう人 大人になるってどういうこと

学生の君 社会人の君 自信がなくて一歩ふみ出せない君……

大人への階段は 人それぞれ 大事なことは しっかりと足元をみて

一段一段上ること 上がるごとに みる景色も変わる 自分の気持ちも変わる

あせることはない 一つずつ一つずつ

新しい年に思うこと

2017年が始まった 始まったからって何も変わらない

太陽だって月だって あの空だって 同じだね

同じか同じじゃないかは 人の心が決めるもの

2016年のことは思い出の箱に入れてしまおう

人それぞれに まわりの景色は違う 君がみる景色はどうですか?

いい事が無くて 嫌いな色をしていますか?

新しい年は 今いる場所で 今みる景色の中で 今できる精いっぱいをやっていこう

少しずつ少しずつ その色を君の好きな色に 変えていこう