夏の思い出

とびちる汗 照りつける陽 エールを送り続ける人々 円陣をくみ声をかけ合う友 ドラマを見るようなシーンの数々 これらのすべてが これから歩む君の宝物 大事にしまっておいてね 心がおれそうになったら とり出して 前へ進む元気をもらおう

君のすべてで

何をとっても どこをとっても 世界の中で 一人しかいない君 人として生まれたからには その身体 その心 君のすべてを 躍動させて生きてほしい 時には泣いて 時には笑う あふれる感情は 生きているからこそ

思ってばかりじゃ…

あれもこれも やらなきゃ いったいいつになったらやるんですか 自分の心に問いかける さあー やるぞ今日こそは やり終えたあとの達成感 誰かの言葉じゃないけれど チョー気持ちいい 君も心の中で思ってる事 まずは一つから やってみてはどうですか

アサガオとひまわり

子どもの頃 夏休みの観察日記で お世話になったアサガオ 朝早く花を咲かせて昼にはしぼんでしまう ちよっと悲しい気持ちになったものでした 真夏の太陽の中で シャンとたっている強いひまわり あこがれのような花でした しぼんでも次の朝にはちゃんと咲いて…

疲れた時は

体がだるくて重い やる気も出ない そんな時は 好きな音楽をきいて 好きなことをやってみよう 君の体に水を栄養をあげよう 大きく深く息をしたら また前に歩いていこう

若い君たちへ

自分の手を見て思う ずいぶんしわだらけ シミも増えてきた 老いは誰にもやってくる まだまだいっぱい時間がある君たちは そんな事考えもしないよね それでも心だけは若くありたい 君たちも月日が流れ どこかで歩んできた道をふりかえる時がくる 人それぞれの…

人として生まれたからには

大きな大きな自然に見守られて わたしたちは生きている 楽しいことも苦しいことも そりゃたくさんあるけれど 人として生まれたからには 命の灯が消えるまで生きぬこう どうしてもやりきれない時は 君の心の叫びを人に話してみよう 荒れる心を自然のちからで…

6月に思う

このところ お天気がぱっとしない 見上げる空は曇天 この月はこんな日が多い からだも心も何となく重い 若者はそんなことなんて関係なく はしゃいでいるのだろうけど 毎日が憂うつで 心が折れそうな君は 私と同じ仲間だね 次の月は きっと青空いっぱいの下で…

こんな人にはなりたくないな

できもしない事をいう人 自分のてがらだけをいう人 人に自分がしてやったと常に思っている人 口から出る言葉が状況によってちがう人 聞いた事がある事を初めて聞いたようにする人 知っていながら知らないふりをする人 まだまだ……… 人と人は信頼する気持ちで…

しあわせの箱

誰もが持ってる しあわせの箱 君も持ってる宝の箱 箱の中身は 人それぞれ きっと同じものはないでしょう 人の箱をうらやましがってはいけません 君の箱を大切に これから歩む人生の キラキラしたものつめこんで 宝物をふやしていこう そのたびに 君はどんど…

自分の中の

雲が流れるように 川が流れるように 一日一日が過ぎていくね その中でちょっと立ち止まって 自分に目をむけてみよう 君のいいところは どんなとこ きらいな自分もさがしてみよう いいところはもっと好きに きらいなところも好きになるように 自分を変えてい…

人と人

人に流されず 人にこびず 信念をもって生きる 君はどうですか? その場の雰囲気で 人に流されたっていいじゃない つっぱって意地を通してばかりでは つまらない 世の中人と人 うまくやっていかないと おもしろくない 本当の筋の通った人は 人に優しくできる…

月曜日に思う

あー今日からまた一週間 いつも通りの日々 着替えをしながら思う 土曜・日曜と心も体もゆるめ過ぎたか なんとなく重い 玄関で靴をはきながら思う さあ新しい一日の始まりだ 気がひきしまる思い 外にとび出すと 春の風が背中をそっと押してくれた気がした ど…

不安

新しい生活を始めた君 何かに挑戦している君 不安だらけの毎日ですか ちゃんとやろうという気持ち 失敗したくないという気持ち 負けられないという気持ち 不安はそんな気持ちの裏がえし 頑張る君のあかしだね 君だけじゃない みーんな不安でいっぱいだよ う…

さあ…君

その顔を上げて 胸をはって 大きく息をしたら 前を見て さあ行くよ 今までと違った場所に その場所で 君の精いっぱい輝こう 春の陽も風も そしてこの私も そんな君にエールを送りつづける その誠実さを つらぬけば いいこと 寄ってくるからね

春の風

どこかなつかしい この風を感じると 卒業式の帰り道 友と語り合いながら それぞれの未来に 思いをはせ はしゃいでいた光景がうかんでくる 君もこの風を感じながら 新しい環境の中で しっかり前を見て 失敗などおそれずに 一歩一歩 歩いていくんだよ

プライド

それはあり過ぎても 人とうまくいかない なければ自分を認められない ちょうどいい加減で 自分にあれば一番いい 人はみんなプライドをもって生きている プライドって何だろう それは君が生まれてから 少しずつ少しずつ 身につけたもの 自分の中に大切にしま…

ピュア

若い君たちの心は ゴムボールのようにやわらかく スポンジのように吸収力がよく ときにはガラス細工のように繊細だね 年を重ね たくさんの経験をして その心が超合金のよろいをまとっても 心の根っこは ピュアなままでいてほしい

じっと耐える

冬のある日に ふと木々たちに目をやると 新しい芽が寒さに耐えて 枝にぎゅっとしがみついている しっかり冬の間に春への準備をしているんだね 今の君は 思うようにいかなくても 苦しい日が続いても 泣いてばかりいても 今は君の未来のための準備期間 じっと…

変えてみるのもいいかも

最近どうも同じことのくりかえし ちょっと つまらなく 思っています 若い君はどうですか? きっと毎日が変化にとんで 生き生きとしていることでしょう 同じことのくりかえしの中に 日々ちがったものがある 若いってことはすばらしい 私はもう昔のこと でも最…

うらやましがらない

自分が落ちこんでる時って 人がよく見えたり 大きく見えたりして ますます気持ちが めいってしまうね 何をしてもうまくいかない時ほど 欲しいものを手に入れて 何事も順調な人を うらやましいと思うよね 人は人 自分は自分だよ どんなにうまくいってる人も …

大人とは

今年成人した人 おめでとうございます 式典に出た人も出なかった人も この機会に考えてみよう 君にとって 大人とはどういう人 大人になるってどういうこと 学生の君 社会人の君 自信がなくて一歩ふみ出せない君…… 大人への階段は 人それぞれ 大事なことは し…

新しい年に思うこと

2017年が始まった 始まったからって何も変わらない 太陽だって月だって あの空だって 同じだね 同じか同じじゃないかは 人の心が決めるもの 2016年のことは思い出の箱に入れてしまおう 人それぞれに まわりの景色は違う 君がみる景色はどうですか? いい事が…

ふり返れば

2016年もあとわずか 私の一年は うれしい事のほうが多かった気がする オリンピックの年だった今年は たくさんの感動をもらった けれども 自然災害 悲惨な事件には 心が泣いた 君の今年はどうだった? 一人一人いろんな思いで過ぎたでしょう ふり返れば 友だ…

この道は

今すすむ この道は 自分で選んだ 自分で決めた 他の誰のものでもない 君の道だ 上りあり 下りあり ゴロゴロ石ころだってある 上り坂がきたら 無理をしないで 下りが待っていると 自分に言いきかせよう 下り坂にさしかかったら そのスピードをこわがらず ころ…

たからもの

大切にしたい なくなってしまうなんて考えられない 守っていきたい 生きていくためになくてはならない 君のたからものは君のそばで 笑顔でいますか? 泣いてなんかいませんか? 困っていませんか? 大切にすることで 君を幸せな気持ちにさせてくれる ずっと …

こうかい

君の中にもきっとある わたしの中にはたくさんある あの時のこと あんなこと云わなきゃよかった やらなきゃよかった…… 人はみんな こうかいする 過ぎてしまったことに もうどうにもならないけれど こうかいすることは大切 君がこれから先 生きていくためには…

心のひきだし

つらくて泣いたこと うれしくて泣いたこと 笑ったこと おこったこと うらんだこと …… 自分の感情を 整理して 君の心のひきだしにしまっておこう 時々ひきだしを あけてみよう 泣いたひきだしが 涙であふれそうになっていたなら もうすててもいい 涙はそっと …

負けるな

負けるな 負けるな 自分に負けるな 決めたことは やりぬこう 思ったことは ずっと思い続ける つらぬくことは 大変だけど 君の力にいつかなる きついときは少しだけ 自分をあまやかしても大丈夫 ほめてあげるのも大事 だけど… 自分に負けるな 負けるな自分に

一日のはじまり

寒くなってきたね 朝ふとんから出たくないよね いろいろな事があって うまくいかなくて このままずっと ふとんの中にいたいと思っている君 さあ一日のはじまりだよ 今日は昨日とちがう朝 昨日より少しだけほんの少しだけでも 前へ進もう 人とくらべることは…

深呼吸して

さあ 大きく息を吸って この気持ちいい空気を 身体にとりこもう 頭の中に 胸の中に お腹の中に 手に足に いっぱいとりこんだら ゆっくり はき出そう いやな事 つらい事を おいだすように

秋晴れの日に

10月の晴れた日 暑くもなく 寒くもない ちょうどいい ここちよい風を感じながら思う 若い君たちに 今日のような気持ちで エールを送り続けたい 心が折れそうな君に さわやかな風を届けたい まよっている君に 一歩前に出る勇気をあげたい わたしは 秋晴れの日…

すんでしまったことは……

あの時こうしておけば もう少しこうだったらば たられば言ってもしかたない あとにはもどれない 前を見よう 行く先を見よう 君が精いっぱいやって うまくいかなかったんだもの しかたがない まだまだチャンスはある 精いっぱいやることを あきらめなかったら…

自分に負けない

人に負けたらくやしい 人より上にいきたい そう思ってあたりまえ 誰かを目標にしてすすむことも大切 うまくいかない時 何かの誰かの せいにしてしまうのは違う 自分の人生 自分に負けてはいけない 苦しい時をのりこえたら 楽しい事もまっている そうやって …

生きぬくために

どんなにつらかっただろう 苦しかっただろう 変わらない現実 伝わらない心 生きていても仕方がない 死にたい…… そう思っても自分で自分を終わらせてはいけない 大切な命 生きぬいてほしい 自分を守るため その場所から逃げることは ひきょうじゃない 自分を…

今より上に

わたしの中の 虫がさわぐ このままでいいの まだ何かやれるんじゃない 今に満足していたら今より上にはいけないよ わたしは答える もうこの年令になって上にいけなくてもいいの だけどこのごろ わたしの中で何かを始めたいという虫がさわぎだしている 若い君…

ライバル

いつも心のどこかにいる 気になってしかたがない 負けたくない 負けるわけにはいかない そのくせ あいつの調子が悪いと心配でたまらない 誰かがあいつの悪口を云うと ほっておけない 心がいつも通い合っている お互いにあたたかいものを感じる 勝ち負けだけ…

精いっぱい

君が今できることを 精いっぱい 自分のために 人のために 頑張っているのに 結果がでないで悩む君 一日一日精いっぱい 今の君の力を精いっぱい その積み重ね 結果はきっとでるからね 心が折れそうになっている友へ 今の君が与えられる 精いっぱいの優しさを …

私を動かすもの

いいときもあり 悪いときもあり 何とかここまで 生きてきた 泣いたときも 笑ったときも いくつもの年を重ねて今がある 今だからこそ お返しをしたい 若い君たちには 未来がある 希望がある どんな社会になろうと 目の前に道はひらかれている エールを送りた…

君の中の光るもの

このごろ私は 人の中に その人の光るものをさがす 人は皆必ず 一つくらい光るものを持っている 顔やスタイルが光っている それもいい もっと 内面的なものであれば それはたいしていい 君の中の 光っているものは 何だろう それをみつけて みがいていけば 将…

どんなときも

社会人となって4年目 まだまだ子どもだな 君をみていて そう思う いつまでも 子どもは子ども 親ってみんなそういうもの これからの人生 色々の事が待ちうけている どんなときも 自分を信じて 守るべき人を守って 精一杯 誠実に 生きてほしい 少しはなれたと…

大切な人へ

私を生んでくれて ありがとう 精一杯生きますね いつもこんな私を 支えてくれて ありがとう 今度は私があなたを支えるように頑張るね たくさんのたくさんの愛をくれて ありがとう 私もいつか 人に愛をあげられるようになりますね きっときっと 約束します

若いってことは

階段をかけ上がる君 友達と笑う君 自転車で走る君 若さってすばらしい たとえ君が失敗して うまくいかなかったとしても いくらでもやりなおせる その時間がある 友もいる 階段を上がりきった前に広がる景色 それこそ君の未来 若いってことは苦しみながら 自…

好きなもの

空の青 夕立のあとのにおい 夕焼けの赤 静けさの中の雨音 肉屋のあげたてコロッケ なつかしい味の昔風ドーナツ 6月のあじさい 夏に咲くひまわり 野に咲くあざみ 君の好きなものは何ですか わたしと同じものはあったかな やっぱり 一番好きなものは 生まれ育…

根っこ

毎日楽しくやっていますか 人と話すこと 人に合わせること 人とうまくつき合うって むづかしいなんて 思ってる君 君の根っこは ちゃんと根づいていますか 自分の中に しっかりと根をはり のびようとしていますか 君がしっかりしていれば大丈夫 もっと自分を…

今やるべきこと

毎日が かけ足ですぎていく 昨日より今日 今日より明日 少しでもよくなりたいと 人は生きている 今日は昨日と何も変わらないと 思っている君 気づかないだけで 同じ日なんてないんだよ 今やるべきことを 今もっている力を 出し切って 一日を終えてほしい 思…

五月病

新入生に新社会人 何かと環境が変わった君 四月のスタートから はや1カ月 調子はどうですか? 新しい事ばかり 新しい人ばかり そんな中で 疲れが出ていませんか? 体の疲れ 心の疲れ…… 休みの日には よく寝て よく食べて 友達とおしゃべりして…… 自分をいた…

おかあちゃん

若かった頃 自分の事しか 考えてなかった ただ自分の思いのままに 歩いてた 自分が人の親になって やっと おかあちゃんの気持ちがわかる おかあちゃんの大きさ 優しさ あたたかさ…… 若い君も 今は自分が決めた道を いっしょうけんめい 歩きなさい 君のおかあ…

春の風

風はやさしく 君のほほを なでていく 「がんばってるね」というように 君のむねに 吹く風は 「だいじょうぶ」とさっていく 君の背中を押す風は 「さあ 夢に向かって 行きなさい」 分かれ道とまどう君に 「自分を信じて」とエールを送る 春の風は やさしくて…

この道は

今 君がすすむこの道は 君が選んだ道 おもうように すすめばいい 一日一日を大切に その日にできる事を 精一杯やればいい 苦しい時 つらい時もあるだろう それ以上に 楽しい事 うれしい事も待っている この先は いくつもの 分かれ道に でくわすだろう どの道…