アザミの花のように

小学校の帰り道 どての上にひっそりと咲くアザミの花を

とろうとしてもとれなかった

そうアザミの花は 自分を守るとげを持っているから

君たち若者には この先まだまだ長い道がある

どんなことがあっても 自分の身は自分で守っていくんだよ

うまくいかない時も いい時も かっこよくなくても 目立たなくても

自分の道を精一杯 アザミの花のように 咲きほこって歩むんだよ

君たちへ

君たちには時間がある

しっかり地に足をつけ ゆっくり歩めばいい

でも昨日より今日 今日より明日 一ミリでもいいから前に進もう

君たちには未来がある

なりたい自分に向かって くじけそうな時もまた歩き出そう

いくら科学が進歩しても 世の中人と人

相手を思いやり 優しくそしてたくましく 生きてほしい

生きぬこう

しわのある手と足を見て思う この手でいろんな事をしてきたな

この足でたくさんの場所へ行ったな 楽しい うれしい 苦しい 悲しい……

歩んできた道はこの先の道よりずいぶん長くなった

生きるって がんばることじゃない

生きるって えらくなることでもない

生きるって かっこつけるものではない

君たちの歩む道はまだまだ長い

肩の力をぬいて 足もとをしっかりと見て進んでいこう

自分のいのちを生きぬこう

スパイラル

私ってこんなんじゃなかった

もっと明るかった 楽天的だった

この頃の私は暗い いつまでも何かにこだわっている

だめだ!このままでは… どんどんマイナスのスパイラル

あれこれ考えてもなるようにしかならない

ジャンプ! プラスのスパイラルに乗り換えよう

すーっと気持ちが軽くなった

明るく元気に楽しく生きていこう

ある日の午後

この静けさは何だろう 歩く人の姿もない 人はとじこもり

すべてがうまくいかなくて悩んでいないだろうか

何をする気もおきなくて どーんと重い心に沈んでいないだろうか

君はだいじょうぶだろうか

こんなことを思う初冬の午後でした

大事なのは気持ち

カレンダーも残り少なくなってきた

今年こそは……するぞ!と決めていた君 ……はどうなりました?

目標を達成できそうな君も そうでない君も

目標に向かって努力していた君のすがたはりっぱだよ

できなかった君は 次の年もまたがんばればいい

その気持ちが一番大事だね 

心がとまった時は

今おかれている環境の中で 悩み苦しみ泣いている君

じっと考えこんでいたり 泣き続けていませんか

そんな時は 身体を動かしてみよう

息があがり 汗もでる

なぜか頭がスッキリ 心も動いていきます 

心と頭と身体はつながっているんだね

一度ためしてみよう